ENGLISH

お問い合わせお問い合わせ

お問い合わせお問い合わせ

  • Home  /  
  • News  /  
  • News Article

News Article ニュース記事

2020.03.02

テレワーク未導入企業への支援として、ビジネス向けSNSツール「JANDI」を4月末まで無償提供

 グローバルWiFi事業、および法人向け情報通信サービス事業を手掛ける株式会社ビジョン (本社:東京都新宿区 代表取締役社長兼CEO:佐野健一 以下ビジョン)は、テレワーク未導入企業への支援として、クラウドコミュニケーションによるビジネス向けSNSツール「JANDI」を、4月30日まで無償提供することをお知らせいたします。
 ビジョンも一部地域内でテレワークを実施しており、JANDIにて社内・社外のコミュニケーションを行っております。
 また、無償提供の4月30日を過ぎて、自動的に有料移行する事は御座いませんのでご安心ください。

■ JANDI 無償提供について
「JANDI」の申し込み料金や月額使用料をはじめ、WEB会議ができるエンタープライズプランのご利用料を無償にてご提供いたします。
JANDIホームページ : https://vws-biz.com/jandi/

〇エンタープライズプラン
JANDIの基本プランにWEB会議(最大64名参加可能/資料共有の可能)機能がついたプランとなります。
・Web会議(最大64名参加可能/資料共有)
・トークルーム : チームや部署、プロジェクト別にチャットが可能
・ファイル管理・共有 : 万全のセキュリティでファイルを管理
・VWS・外部ツール連携 : さまざまなビジネスツールを連携し、日々の業務をさらに快適に
・やることリスト管理 : 自分だけが見える「やることリスト」を作成し、作業を効率化

〇ご利用・お問合せ
TEL: 0120-071-076
ホームページ: https://vws-biz.com/jandi/trial/
※導入サポートもご対応しております。

■JANDIとは
個人向けSNSに対して、ビジネスSNSは会社でのお仕事向けに特化したコミュニケーションツールです。
チャット型やボード型など、さまざまな形態がありますが、JANDIはチャットとボードを両方搭載したビジネス特化型のSNSツールとなります。
部署異動や入社・退社などを想定した、会社ならではの管理ができるシステム構成が特徴です。
また、導入サポートもご対応しております。

チームや部署、プロジェクト別にチャットが可能。
議題毎に円滑なコミュニケーションを図ったり、目的毎にチャットでメッセージをまとめる事もできたり、簡単なアンケートを取ってアンケート集計できるなど、日々の業務のやり取りをシンプルに分かりやすく快適になります。

万全のセキュリティでファイルを管理。
Amazon Web Services(AWS)を使用し、データの保存やメッセージを保護。JANDIに共有したファイルや会話は、いつでも、どこでも、確認することができます。
トピック毎のファイル管理とは別に、自分だけのファイル管理が可能なJANDIドライブ(Drive)でデータ整理を気軽にすることもできます。

JANDI機能
・トークルーム : チームや部署、プロジェクト別にチャットが可能
 メッセージ受信確認 / チャットビュー管理 / ボードビュー機能 / 投票機能
・ファイル管理・共有 : 万全のセキュリティでファイルを管理
 ダウンロード記録 / セキュリティ設定 / チームストレージ確認 / ファイル検索
・VWS・外部ツール連携 : さまざまなビジネスツールを連携し、日々の業務をさらに快適に
・やることリスト管理 : 自分だけが見える「やることリスト」を作成し、作業を効率化

■ 株式会社ビジョン 会社概要
「世の中の情報通信産業革命に貢献します。」を経営理念に掲げ、コーポレートスローガンである"More vision, More success."に沿い、より先見性のある選択で、お客様により多くの成功を得ていただくべく、情報通信分野における事業を主軸に、サービスを提供しています。
・商号: 株式会社ビジョン
・東京証券取引所市場第一部 (証券コード:9416 )・代表者: 代表取締役社長兼CEO 佐野 健一(さの けんいち)
・本社所在地: 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー5階
・設立年月日: 2001年12月4日 (創業1995年6月1日)
・資本金:  2,363,734千円
・Webサイト: https://www.vision-net.co.jp
・主な事業の内容:
1.グローバルWiFi事業
海外事業 / 国内事業
2.情報通信サービス事業
固定通信事業 / 移動体通信事業 / ブロードバンド事業 / OA機器販売事業 /インターネットメディア事業
3.その他

ニュース一覧へ戻る