ENGLISH

お問い合わせお問い合わせ

EN

お問い合わせお問い合わせ

  • Home  /  
  • News  /  
  • News Article

News Article ニュース記事

2020.08.04

「グローバルWiFi®」アフターコロナ時代の各国出入国情報をお届けする「新型コロナ×海外旅行・海外出張情報サイト」を設置 〜Blue Travel(海外渡航情報コンソーシアム構想)に賛同いただける企業・団体を募集~

 海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi®」( https://townwifi.com/ )を提供する株式会社ビジョン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長兼CEO:佐野健一 以下ビジョン)は、「グローバル WiFi®」においてアフターコロナ時代の各国出入国に係る情報をお届けする「新型コロナ×海外旅行・海外出張情報サイト」を設置いたしました。本サイトを通してコロナ禍における海外渡航についての情報及び感情の整理の場として役立てていただけることを図ってまいります。

◆コロナtop_map.jpg確定)コロナ2テキストありimg 7@.png

■背景
 この度の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は世界中の方々の生活に大きな影響をもたらし、海外旅行・海外出張を激減・困難なものとさせました。
 「グローバルWiFi®」をご利用のお客様、お取引先様からも数多くの渡航取り止めとお困りのお声を頂戴しており、また「いつ海外旅行や海外出張へ行けるようになるのだろうか」と心配と不安の声も多くお聞きしております。このような環境の中で「当社にできることがないだろうか」ということを起点に、ビジネス・レジャーを問わずコロナ禍における各整理と解決の一助となれることを目的として本サイトを設置することとなりました。

■今後の展開
 当サイトでお届けする情報の精度向上はもとより、海外渡航についての感情の整理の場としてもご活用いただけるよう、お客様とのインタラクティブなコミュニケーションやウェビナー等各イベント・企画を展開してまいります。より価値ある場を提供できるように、Blue Travel(海外渡航情報コンソーシアム構想)をコンセプトとし、ご賛同いただける企業・団体を広く募集し、ビジネス・レジャーを問わず共に市況活性化への貢献に取り組んでまいりたいと考えております。

コロナbluetravel.jpg

活動内容及びご参画のメリットは主に下記を企画中です。

コロナmerit.jpg

① 企業やサービスロゴの掲出
② 当サイトの情報二次利用
③ 海外渡航に関する情報公開会への参加
④ ウェビナー等、海外旅行に関するイベントの共同開催
⑤ そのイベントで発生する版権の二次利用等

※ご賛同頂ける企業様、興味をお持ちの団体様はこちらからお問合せください。
URL:https://townwifi.com/contact/ 

■「新型コロナ×海外旅行・海外出張情報サイト」
URL:https://townwifi.com/aftercorona/


■グローバルWiFi® サービス概要  2020年8月4日現在
〇サービス内容 : 海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス
〇料金 : 300円/日から
〇サービス提供エリア : 世界200以上の国と地域
〇申込方法 : Webサイトhttps://townwifi.com/  、フリーダイヤル(0120-510-670)、空港
〇機器受取/返却方法 : https://townwifi.com/receive/
空港(国内18空港)、施設、宅配、海外での事業所受取と宅配が可能。
〇提供事業者 : 株式会社ビジョン

■ 株式会社ビジョン 会社概要
「世の中の情報通信産業革命に貢献します。」を経営理念に掲げ、コーポレートスローガンである"More vision, More success."に沿い、より先見性のある選択で、お客様により多くの成功を得ていただくべく、情報通信分野における事業を主軸に、サービスを提供しています。
・商号: 株式会社ビジョン
・東京証券取引所市場第一部 (証券コード:9416 )
・代表者: 代表取締役社長兼CEO 佐野 健一(さの けんいち)
・本社所在地: 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー5階
・設立年月日: 2001年12月4日 (創業1995年6月1日)
・資本金:  2,363,734千円
・Webサイト: https://www.vision-net.co.jp
・主な事業の内容:
1.グローバルWiFi事業
海外事業 / 国内事業
2.情報通信サービス事業
固定通信事業 / 移動体通信事業 / ブロードバンド事業 / OA機器販売事業 /インターネットメディア事業
3.その他

ニュース一覧へ戻る