• HOME
  • 世界の社窓から
  • 平成最後の年越しはどこで過ごす? 2018→2019年末年始の人気海外渡航先ランキングを一挙公開
201812.25

平成最後の年越しはどこで過ごす? 2018→2019年末年始の人気海外渡航先ランキングを一挙公開

さまざまなニュースがあった2018年も終わりが近づいてきました。みなさんは、平成最後の年越しをどこで過ごしますか?中には、海外で年を越す方も多いのではないでしょうか。

株式会社ビジョンは、Wi-Fiルーターのレンタルサービス「グローバルWiFi」を利用予定で海外旅行の申し込みをした方のデータをもとに、2018年末から2019年始の人気海外渡航先ランキングを発表しました。

2018年から2019年の年末年始はカレンダーの並びが良く、休みが長くなる傾向にあり、例年と比べ海外で年越しをする方が多くなっています。

今回は、そんな平成最後の年越しである2018年から2019年の、年末年始の海外渡航先の傾向を見ていきましょう。

1位はやっぱりお隣のあの国。揺るがない魅力


2018年から2019年の年末年始海外渡航先ランキング 出展:ビジョン

1位はやはり、お隣の韓国。

韓流アイドルやショッピングなどの魅力から日本の女性層から圧倒的な人気を誇っているほか、日本から近く渡航費用が抑えられるのも1位の理由でしょう。

2018年のゴールデンウィークでも1位にランクインしているのも見ると、まだまだ韓国人気は衰えそうにありません。

GWに引き続き上位5ヶ国は不動。アジアが半数以上を占める

韓国、アメリカ本土、ハワイ、台湾、タイは順位こそ違いますが、2018年ゴールデンウィークのランキングでもすべてが上位5ヶ国にランクイン。一方、続く6位〜20位では、若干アジアの国々が優勢。近年のアジア人気を物語っています。

2位の台湾の首都である台北では、年越しの時間にランドマークである台北101でカウントダウン花火が開催されます。これを目当てに渡航される方も多いのではないでしょうか。ロマンチックな年越しができそうですよね。

3位のタイも同じく、観光名所が盛りだくさんで、日本人に人気の旅行先です。首都のバンコクでは、新年が明けると同時に、チャオプラヤー川に浮かぶ船から一斉に大掛かりな花火が打ち上がるんだとか。花火を見物するディナークルーズもあり、世界各国の旅行者でにぎわうそうです。さぞかし幻想的な風景なのでしょう。

平成最後の年越しはグローバルWiFiで快適に

なんと言っても2018年から2019年の年末年始は、平成最後の年越しです。年越しの様子を、InstagramなどのSNSにアップロードしたい方も多いのではないでしょうか。

SNSでの投稿に限らず、現地での情報収集や、移動の際のルート検索などを海外で使用するには、インターネット通信環境が必要です。

ビジョンが提供する海外向けWi-Fiルーターのレンタルサービス「グローバルWiFi」を持参すれば、1日あたり300円という低価格、かつ定額でSNSを快適に利用ができます。また、業界最多の世界200以上の国と地域で利用ができ、渡航先ランキングにランクインしている国々はもちろんのこと、世界中のさまざまな国でインターネットが利用できます。

手間がかかりそうな申込みや受け取りも、ビジョンのグローバルWiFiであれば当日に空港で受付が可能です。これから渡航される方も安心ですね。

快適なインターネット環境を用意し、平成最後の年越しを迎えてみてはいかがでしょうか。


FOLLOW

Morebizをフォロー

RANKING

人気記事ランキング