• HOME
  • 営業ライフハック
  • 海外渡航から引っ越しまで。ビジョンのWi-Fiルーターレンタルサービスを徹底解説
201909.24

海外渡航から引っ越しまで。ビジョンのWi-Fiルーターレンタルサービスを徹底解説

海外旅行や出張、引っ越し直後など、外出先でインターネット通信が必要になる場面は多いもの。

昨今のスマートフォンアプリの多様化、容量の多い画像や動画の送受信、SNS投稿など、スマートフォンでの通信量は増加しています。ビジネスパーソンであれば海外でも電話やメールのやりとりが活発な方もいるでしょう。少しでもお得にインターネットを利用したいですよね。

そのなかで、Morebizを運営するビジョンが提供するサービスのひとつが、Wi-Fiルーターのレンタルサービスです。

海外旅行から出張、引っ越しなどのニーズにも対応しています。今回は、ビジョンが展開するさまざまなWi-Fiルーターレンタルサービスについて、シーンごとにご紹介しましょう。

【海外旅行向け】「グローバルWiFi®」は200ヶ国対応、お得に海外でのネット利用が可能

海外ではフリーWi-Fiが浸透していると考えがちですが、その普及度合いには国や地域によって差があります。

関連記事:海外は無料でWi-Fiにつなぎ放題?日本と海外のフリーWi-Fi事情

海外は無料でWi-Fiにつなぎ放題?日本と海外のフリーWi-Fi事情

「旅行中、街中のフリーWi-Fiをあてにしていたのに、肝心なところでつながらない」といったことも考えられますよね。

そのような悩みが不要になるのがビジョンが展開するWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi®」です。特徴は以下のとおり。

・世界200以上の国・地域に対応
・安心のパケット定額制
・24時間365日サポート(LINEなどでも問い合わせ可能)

世界200ヶ国以上の国と地域に対応しているので、大抵の旅行先や出張先はカバーしているといえるでしょう。

また、リーズナブルな価格とデータ通信容量の大きさも魅力です。パケット定額制なので、使いすぎる心配もありません。プランは1日あたり「300MB(通常)」「600MB(大容量)」「1.1GB(超大容量)」「無制限(韓国・台湾・ヨーロッパ・アメリカなど71カ国)」が用意されています。

たとえば、ある携帯電話会社の海外パケット定額サービスを見ると、1日のデータ通信量約24.4MBまでは0~1,980円/日、それ以上は2,980円/日となっています。

海外旅行で現地で目的地へ行くために使うであろう、Googleマップを使った場合(目的地を検索、縮小拡大)、1回あたり約3.7MBのデータ量が消費されるといわれています。1日6回程度利用すれば、それだけで24.4MBを超えてしまうことになります。段階的な料金プランではありますが、実質的に2,980円/日かかると考えたほうがいいかもしれません。

これに対して「グローバルWiFi®」の「1.1GB(超大容量)」プランでは、国にもよりますが、対応しているほぼすべての国で2,000円/日以下でWi-Fiルーターを借りることができます。

たとえば中国では、1日最大1.1GBまでのデータ通信が1,570円/日、早期割引で1,370円/日。料金がお得であることはもちろん、1.1GBというデータ通信量の多さも安心感がありますよね。1.1GBはアプリでの音声通話やビデオ通話が安心してできる容量とされており、ビジネス利用にも適しているといえるでしょう。

さらに、韓国・台湾・ヨーロッパ・アメリカなど71カ国では、データ容量無制限のプランも登場。もちろん、300MBや600MBなど、より少ないデータ通信量で利用料を節約することも可能です。

【海外出張向け】グローバルWi-Fiは企業登録で割引特典。「グローバルWiFi for Biz」も

プライベートの旅行だけでなく、ビジネスパーソンに出張はつきもの。「グローバルWiFi®」は、個人だけでなく、法人でも利用が可能です。

具体的には、「企業登録サービス」に企業・部署単位で無料登録し、必要に応じて管理画面からルーターをレンタルする形をとります。

月ごとに利用分が一括請求されるため、社員が個々人でレンタルするよりも手間が省けます。さらに、利用料金総額5%オフ、受渡手数料・事前受取料金・宅配受取無料など、料金面での特典も充実。現在25,000社もの企業が利用しています。

さらに、グローバルWiFiのルーターを都度返却せず、国内のオフィスに常備しておける新しいサービス「グローバルWiFi for Biz」も2017年からスタートしました。1台のWi-Fiルーターで、世界100ヶ国以上でインターネットを使うことができます。

料金プランはシンプルな日定額制で、月額基本料金の1,970円に、利用した日数分の料金を加算して請求されます。また、都度の申込みが不要で、海外出張時にはオフィスからそのまま持ち出して使うことができます。

【日本国内での移動向け】国内出張や引っ越し直後には「WiFiレンタルどっとこむ」

日本国内での引っ越しや出張にもWi-Fiルーターレンタルが役立ちます。

ビジョンの「WiFiレンタルどっとこむ」は、1日単位でルーターをレンタル可能。ルーターを購入すると途中解約した際に違約金が発生しますが、同サービスではその心配も不要です。

ルーターの受け取り方法も柔軟で、空港カウンターで受け取る方法のほか、宅配で自宅やオフィスに届けたり、任意のコンビニで好きなときに受け取ることも可能。返却も郵便ポストに投函するだけが方法もあり、忙しいビジネスパーソンには助かりそうです。

契約や受け取り・返却が柔軟なことから、一番多い利用者は海外から一時帰国されている方。急な出国の場合も、1日単位のレンタルであれば返却してすぐに出国できます。

加えて、WEBから13時までに申し込めば、当日ルーターを発送してもらえ、最短翌日で届くのもうれしいところです。料金は機種やプランによって異なり、たとえば、超高速通信・データ通信量無制限のプランでは、432円/日で利用できます。

たとえば、次のようなシーンで活用できそうですよね。

●ビジネス
国内出張時に、支社オフィスや訪問先へ行くまでの空き時間、移動中に利用。展示会などのイベント会場で、複数人で利用。(法人申し込みでは、最大4台までWEBでの申し込みが可能)

●プライベート
引っ越し直後にインターネットが開通するまでのつなぎとして利用。入院中、病院まで直接ルーターを届けてもらって利用。

ちなみに、最近では民泊オーナーがインターネット環境を整備するためにレンタルしていることもあるとか。活用の可能性はまだまだ広がりそうです。

おわりに

国境を超えた人の移動は活発になっていますが、移動先でのインターネット環境にはまだ悩みも多いもの。

「グローバルWiFi®」をはじめとしたWi-Fiルーターレンタルサービスは、そのひとつの解決策だといえます。海外へ行く際や国内の移動の際には、「グローバルWiFi®」をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

FOLLOW

Morebizをフォロー

RANKING

人気記事ランキング

TAG CLOUD

タグクラウド